So-net無料ブログ作成

嵐山に行くのであれば、広隆寺に安置されている弥勒菩薩は一見の価値あり! [京都の御朱印巡り【お寺編】]

スポンサーリンク




日本人ならば誰しも、

小中学校の歴史の教科書でも見たことがあると思われる

弥勒菩薩(みろくぼさつ)、しかし写真ではなく、

実際に見たことがある人はどれほどいるでしょうか。

弥勒菩薩半跏思惟像
(インターネット上から引用)

京都の人気スポットでもある嵐山。

その嵐山から約3Kmほど離れた場所、

太秦広隆寺というお寺があります。

渡来人の秦氏聖徳太子より仏像を譲り受けて

建立されたと言われています。

818年に古記録を消失しており、

建設当初の詳しい内容がはっきりしていません。

太秦 広隆寺.jpg

 





因みに以前に本ブログでも書いたことのある車折神社の場所は、

おおよそ、嵐山と広隆寺とのおおよそ中間の所に位置します。

 

上のMapで示している青い点線状の通り(三条通)を

嵐山⇔広隆寺間を歩いていると、 

表参道に入る為の大きな鳥居にすぐに気付くことが出来ます。 

そして、広隆寺の直ぐ近くには時代劇等の撮影で有名な

太秦の映画村があります。



所で広隆寺のお寺の名前は

中学校の歴史の勉強をそこそこしている人であれば

知っている人も多いことでしょう。

(本堂)上宮王院の本尊は聖徳太子像です。
太秦 広隆寺

広隆寺という名前を知っていたとしても、

その寺が太秦にあることや、本記事の一番トップに

掲載された写真の弥勒菩薩半跏思惟像(みろくぼさつはんかしゆいぞう)が

霊宝殿に安置されているということまでは、

知らない人の方が多いかもしれませんね。

広隆寺 霊宝殿.jpg

この上の写真が霊宝殿です。

この建物に入ると、弥勒菩薩や仏像が安置されています。

その空間は蝋燭のオレンジほどの弱い光で照らされ、

何百年前もの国宝級の様々な仏像が自分の周りを囲みます。

残念な事に霊宝殿内は固く写真撮影が禁止されてる為、

霊宝殿内の雰囲気は伝えにくいのですが、  

とてつもなく遠い昔に製作された仏像に囲まれ、

現代の時間からタイムスリップした感覚さえ感じました。

 

訪れた日が12月の平日ということもあり、

私を含めて2~3人程度の拝観者だけで、

静寂な中で鑑賞することができました。 

弥勒菩薩半跏思惟像については、

西暦600年代に新羅(しらぎ)から

伝来されているという説があります。

 

現在から遡り、千数百年の時を経たものを目にすると、

実際に彫られた時の当時の日本の状況や

現代社会で暮らしている自分との時間差、

色々なことが頭で想像出来、不思議な感覚を抱く空間でした。 

 

こちらは、広隆寺の御朱印です。

霊宝殿への参拝をした後に、拝受することが出来ます。

広隆寺 御朱印 広隆寺の御朱印


私が、広隆寺に訪れた際は、

広隆寺 ⇒ 車折神社 ⇒ 嵐山というルートで

周ったのですが、広隆寺から車折神社に向かう際に、

大映通り商店街を歩いたのですが、



近くに太秦映画村があるだけに、先にどんどん進むと、

スーパーの前に大魔神のこんな像がありました。

大映通り商店街 大魔神像 クオレ太秦店


太秦 大映通り 大魔神像




スポンサーリンク



スポンサーリンク




nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 5

コメント 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました